つまりが起きたらこれを読め!起きる前にもこれを読め!

突然やって来る日常のトラブル…

異物関係

1.水に溶けにくいものを流した
水洗トイレは水に溶かして流しているので、水に溶けにくいものを流そうとすると溶けずにつまってしまいます。代表的なものはティッシュペーパーです。トイレットペーパーに素材が似ているからといって流すのは止めましょう。ちなみにティッシュペーパーの中には「トイレに流せる」ことを売りにしている製品もあります。またトイレットペーパーも大量に流すとつまってしまうことがあるので注意しましょう。
2.異物を流した
1にも繋がることですが、水に溶けない異物を流してしまうと高確率でつまります。スマホを落としてうっかり流してしまったり、子どものおもちゃや掃除に使ったスポンジなどがつまりの原因になることもあります。普段からトイレットペーパー以外の物を流さないように気を付けましょう。

故障・設備の問題

3.水圧が弱い
水洗トイレは水に溶かした排出物を水圧で押し流すことで下水まで運んでいます。そのためには一定以上の水圧が必要で、水圧が不足していると最後まで流れて行かずにつまりの原因になってしまいます。止水栓がちゃんと開いていないと水流が弱くなるので、水圧が弱いと感じた時には止水栓を確認してみましょう。
4.タンク内部の故障
一番厄介なパターンです。タンク内部が壊れてしまい、3のように水圧が下がってきちんと流れなくなったり、タンク内に水が溜まりにくくなってしまったりします。自力でどうこうしようとすると悪化してしまう可能性が一番高いタイプですので、タンクの故障を発見したら大人しく業者さんに依頼しましょう。


この記事をシェアする