つまりが起きたらこれを読め!起きる前にもこれを読め!

水道工事業者を選ぶ時のポイント

まず第一に大事なこと

1.見積もりが無料
業者を選ぶ際には3社に見積もりをしてもらうのがオススメです。3社で見積もりをすると自分が住んでいる地域の修理の「相場」が判ります。その際重要なのが「出張見積もり無料」の業者さんを選ぶことです。電話やメールなどで話を聞いただけでは、つまりの詳しい原因や状況はわかりません。そのためスタッフが現場まで出向いて状況確認をしてから料金を見積もる必要があります。また、見積もりが有料だと、多少納得がいかないところがあっても「見積もりの料金がもったいないから」とそのままその業者さんに依頼してしまいがちなので、見積もりは「無料」のところを選びましょう。そして一番信頼できると感じたところ、料金の内訳を教えてくれたり質問に答えてくれる業者さんを選ぶのがベストです。修理後にアフターケアをしてくれるところなら完璧ですね。

見落としがちのチェックポイント

2.指定業者認可を受けていること
知らないと見落としてしまいがちなのが「指定業者認定」を受けているかどうかです。指定業者とは、各地域の水道局が「適切な水道工事を施工できる」と認めた業者のことで、工事を行うのに申し分ない技術力があるということの証明になります。指定業者ではないところよりも幅広いサポートをしてくれることが、利用者の立場から見た特徴です。自治体から認可を受けたところですから、水道局に管理されているということもあり、非指定業者よりも責任を持って修理をしてくれるでしょう。
3.地元の小規模業者
社員10人以下の地域密着型の小規模業者は、長年の実績があるところが多いです。また代表が職人気質のご年配で良心的な料金で修理してくれるところが多いので、地元の小規模業者を選ぶのはひとつの手です。


この記事をシェアする